ヨッシュの隠れ家的な・・・
私ヨッシュの趣味や出来事などをダラダラ不定期に 載せていくブログです。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2017-09-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オビワンANH完成

今回のオビワンANHはUS2.5を入れるだけの予定がネック部分の改造やスイッチとリチャージポートの位置変更などしてしまって思ったより時間が掛かってしまいました。
仕事も休みが無く、中々ドリル作業が出来なかったのも大きかったですがね。

とりあえず画像でも載せながら解説していきます。

obiwan 1
obiwan2
ネックパイプをΦ22ミリからΦ16ミリに変更。
Icons社のオビワンぽく仕上げてみました。(と言うか金や銅色に色を塗れなかった)
obiwan3
左側が起動スイッチで右側がキルプラグ。
起動スイッチは入電されると緑色のLEDが点滅で起動すると点灯します。
キルプラグはえろむら社製えぬむら社製です。
えぬむらさん有難う御座います!!これかなり気に入ってます。
obiwan4
このリチャージポート用の穴空けは苦労しました。
作業が夜しか出来なかったのでドリルでサササと穴を空けて後は地道に手作業でゴリ・・・ゴリ・・・と・・・・

それでは起動。
obiwan5
obiwan6
obiwan7
前に空けたスピーカー用の穴に青色LEDを入れてサウンドボードの裏側にミラーテープを張って反射させてます。
これが中々渋いんっすよ!
obiwan8
obiwan9
やはり光量は結構落ちました。
これでもネックパイプ内側にミラーテープを貼って光量上げたんですがね。

今回はネックパイプとグレネード部分の接続をエポキシ系接着剤でしてみました。
この接着剤は固まると鉄のように硬くなるのでグレネード部分内側に3箇所ほどドリルで穴を空けてガッチリくっつけてます。
これでブレードを引っ張ろうが振り回そうがビクともしないです。

ちなみに今回はクラッシュフラッシュは入れてません。

*追記動画作ったので載せときます。



次の改造予定セーバーはコレ
saber1
saber2
saber3
saber4
EBayで一目惚れして購入。送料込みで81ドルでした。
多分Parks製のセーバーですが名も無きセーバーです。
3/4インチブレードがジャストフィットしますがエミッター先端からポンメル下部までパイプが貫いておりその上にゴツゴツと分厚いアルミの塊を挿している感じなのでサウンドボードやスピーカーの入る部分がまったくありません。
さてどうしたものか・・・
スポンサーサイト
  1. 2010/12/07(火) 23:46:00|
  2. Obiwan ANH
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:7

オビワンANHネック改造計画

ルークROTJで使っていたUltraSound2.5が余ったのでこれをオビワンANHに入れる事にしたんですがどうせならこのぶっといネック部分も細くしてやろうって事で早速パイプ等を買出しに行ってきました。

↓何もしていない状態のオビワンANH
オビANH 塗装
FXのオビなどと比べると全然細いネック部分ですがやはり納得行きません。
これ以上ネックを細くすると3/4インチブレードではエミッター部分しか入らなくなり、ルークROTJと違ってエミッターからの飛び出しもないのでイモネジでブレードを圧迫してもブレードがナナメに向いてしまったり、激しいチャンバラをするとすっぽ抜けたりするのでここら辺の解決方法も考えなくてはいけません。

色々考えた末、ブレードの中からと外で固定すればナナメったりすっぽ抜けたりしないんじゃないかと言う考えに至りました。
3/4インチブレードの内径に合うパイプはΦ16ミリなのでそれをLEDレンズまで伸ばせばルークROTJよりさらに細いネックにもなります。
問題は光量の低下ですが・・・多分そこまで落ちないと予想してます。

早速バーナーでステンパイプを炙ってハンダコテで形を整え、塗装とブレード固定用のイモネジ穴を空けて完成。
Obi 1
obi 2
ルークROTJよりさらに細くなったネック。
obi w/ luke
エミッター下部にハンダ跡が残っているのでここら辺もサンドペーパーで落としたかったですがサンドペーパーが手元に無いのでまた明日にでもやる予定っす。
エミッターはこんな感じ
obi3
一番中にあるパイプをブレードの中に入れてさらに外側をイモネジで固定します。
これでブレードはナナメになる事も無く、激しいチャンバラでもすっぽ抜けることはないです。(と言うかすっぽ抜ける前にブレードが折れると思います。)

あとはサウンドボードやらLEDを入れるだけですが、スペースに余裕があればクリスタル入れたいなぁ・・・
まーとりあえず組んで見ないとなんとも言えませんがねー。
  1. 2010/11/28(日) 20:14:22|
  2. Obiwan ANH
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4

SaberSDサウンドで遊んでみる

暇があればサウンドフォント弄っているYosshですこんばんは。

今回はサウンドを色々替えて遊んでみました。
色々なセーバーサウンドから自分の好きな音声を取り出して完全オリジナルなセーバーサウンドを作ってみたり、CFのサウンドフォントをそのまま放り込んでみたりとこれは中々遊べるサウンドボードです。

やはりCFが1番良いサウンドボードですがホント手に入らない代物なんでCFの代用品と思えばとても良いサウンドボードだと思います。

ちょこちょこ試してみたのでその動画でもドゾー

  1. 2010/11/18(木) 22:07:47|
  2. Luke ROTJ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:12

SaberSD配線図

えぬむらさんやFX-Sabersの人達からも配線図待ってるぜみたいな流れなんでサクッと作ってみました。

SaberSD配線図

MicroSDのバイブ設定は以下の通り


vibenabled=1;
vibclashinten=0;
vibswinginten=64;
vibhuminten=64;
viboninten=64;
vibwhilehum=1;

間違いがあるかもしれないのであったら指摘お願いします。
これをそのままFX-Sabersに投稿するつもりです。

さー次はオビANHにUS2.5を入れるぞー!
  1. 2010/11/15(月) 19:30:58|
  2. Luke ROTJ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4

入れ替え完了

UltraSound 2.5が入っていたルークROTJにHyperDyneのSaberSDを入れる作業が完了しましたよ。
作業自体はそれほど難しくはなかったんですが注文していた2回路2接点の超小型スライドスイッチが中々到着せずに手待ち時間が長かったです。

今回はこのサウンドボードにMadCow氏の作ったサウンドフォント「Heirloom」を入れてみました。
ただこのサウンドフォントはRawファイルでしてこれをセーバー仲間のえぬむらさんからWavにしてもらったのですがどうしても雑音だらけになってしまいしょうがなくサンプルのMP3ファイルから部分部分切りながら取り出すという超地味な作業をしてなんとか完成。
あまり多くのサウンドが取れなくて起動音やクラッシュ音などは他ファイルを改造して自作しました。
あまりクリアな音にはなりませんでしたがまーボチボチの出来だと思います。

百聞は一見になんちゃらなんで動画でもドゾー


サウンドが入っているマイクロSDカードはポンメルを空ければすぐ取れるようにしてます。
起動スイッチはサーキットボードを上にずらせばON、下に戻せばOFFでLockupはサーキットボードを押せば出ます。
ついでにFX-Sabersに投稿してきましたが英語ショボイんで仕様と動画貼っただけですがw


配線図は次回にでも載せまーす(と言いつつ載せない事も多々ありw)
  1. 2010/11/13(土) 23:58:48|
  2. Luke ROTJ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:3
  次のページ >>

プロフィール

yossh55

Author:yossh55
ヨッシュ(Yossh)です。
2児の親ですが子供より幼稚です・・・
ちなみに上の写真は娘なんで・・一応念のために

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。